現代日本に欠かせない存在!?フランチャイズの仕組みを知ろう

フランチャイズの意味と仕組みを知ろう

すでに経営手法を確立した企業が本部となり、加盟店を募る形で行われる経営戦略の一種がフランチャイズです。本部は経営ノウハウなどを加盟店に提供する見返りとして一定のロイヤリティを受け取ります。代理店と近い経営戦略ですが、互いの関係はより密接と言えるでしょう。フランチャイズチェーンは私達の生活に深く浸透しているんですよ。たとえば誰もが知っているコンビニチェーンや、ファーストフードチェーンのほとんどがフランチャイズシステムを採用しています。フランチャイズはウィンウィンな仕組みが特徴です。本部はレバレッジを効かせた事業拡大ができ、加盟店は高い事業生存率を得られ、利用者は安定したサービスを受けられます。

加盟店にとっての具体的な利点と注意点

加盟店にとってのフランチャイズ参加メリットは、なんといっても本部が持っている強力なブランド力と商品開発力及び経営ノウハウを享受できることです。個人が自力で商売を始めてもなかなか軌道に乗せることは難しいもの。実際ほとんどの人が道半ばにして挫折しています。ですがフランチャイズに参加すれば、非常に高い確率で成功できるんですよ。ただし、フランチャイズ本部の全てが優良というわけではありません。ブランド力が乏しかったり、将来性のない本部を選んでしまっては意味がありません。ロイヤリティの内訳にも気を配りましょう。負担があまりに大きすぎては、利点が打ち消されてしまうからです。

フランチャイズの肝であるロイヤリティを理解しよう

フランチャイズの代名詞と言っても過言ではないのがロイヤリティです。ロイヤリティとは、本部から多くの支援を受ける対価として支払う負担のこと。ほとんどのフランチャイズ本部は、売上げの何%という形式でロイヤリティを徴収していますが、変わった内容もあるんですよ。たとえば店舗面積に応じて計算される形式や月額が固定されている形式、ロイヤリティがほぼ無料というチェーンもあります。いずれにしてもロイヤリティは、そのフランチャイズの個性を決定づける重要な要素です。参加する際は、その内容を穴があくほど精査することが成功の秘訣。場合によっては弁護士などの専門家にチェックしてもらいましょう。

代理店の募集は新規事業のときや開業をするときに役立つので事前に様々な情報を入手しておきましょう。そうすれば夢が叶います。