フランチャイズ先をどう選ぶ?ロイヤリティが重要?

ロイヤリティの仕組みで選ぶ

ビジネスの中には、自社ですべてを行うこともあれば、他社や他人に依頼をすることもあります。フランチャイズビジネスは、経営は他人に任せて、ロイヤリティを受け取ることで成り立ちます。フランチャイズを利用してビジネスをしようとする側からすると、フランチャイズ先の選定が必要になります。コンビニなどでも多くの会社があります。各社ではロイヤリティの仕組みが異なります。売り上げに対して決められていることもありますし、一定金額の所もあります。

サポート体制の中身で選ぶ

独立して仕事をするとき、いくつかの希望を持つことがあります。単に独立することで満足することもありますし、自分の判断でいろいろ行いたい場合もあります。フランチャイズ先の選び方としては、サポート体制の中身で決めることがあります。細かくサポートしてくれるところなら、経営に不安のある人には助かります。しかし、自分の判断を入れにくい場合があります。あまり構ってくれないところは自分の判断は入れやすいですが、いざとなったときに不安になるかもしれません。

会社の方針などを知って契約

それぞれの会社では、経営方針などを提示していることがあります。とにかく売り上げのアップを目指すところもあれば、地域に根差したサービスを提供するところ、環境などに配慮することにポイントを置いているところもあります。フランチャイズ先を選ぶときには、会社の方針をチェックして、自分に合いそうなところを選ぶことがあります。経営するとなるとそのフランチャイズ先の経営方針に従わないといけないこともあります。納得した上で契約しないといけません。

代理店を作ることで、レバレッジを効かせた事業拡大が実現します。ただし、まず魅力的なサービスや商品を用意しなければ、応募者は見つからないので気を付けましょう。