全部で3種類!レンタルオフィスのグレードを知ろう

低コストタイプのレンタルオフィス

あまり豊富な資金を持っていない起業者に向いているのが、低コストタイプのレンタルオフィスです。シンプルに区分けされた小さな部屋と、ビジネスに必要な最低限のデスクなどをそのまま借りる仕組みになっていることが特徴です。設備はあくまでも最低限ですから、電話応対や接客サービスなどは基本的に付帯していません。そのため、ほとんど電話が掛かってこない業種に適していると言えるでしょう。近年は、とことんコストを抑えたい人に向いている時間貸しタイプのオフィスもあります。

ベーシックタイプのレンタルオフィス

ごく一般的な数名ほどが利用できるレンタルオフィスをベーシックタイプといいます。低コストタイプのように単純にパーテションで区切られているわけではなく、完全個室タイプなのでプライバシーはしっかりと守られるんですよ。個室の中にはデスクの他、パソコンやネット及び電話回線がついているので、初期コストを抑えられます。数名で利用できるとはいえ、各自が荷物などを持ち寄るとすぐに手狭になってしまう広さでしかない場合が多く、長期間の利用には不向きといえます。あくまでも1年程度間借りするイメージで利用すると良いでしょう。

高品質タイプのレンタルオフィス

一般的なベーシックタイプの環境を、あらゆる面で高めたのが高品質タイプのレンタルオフィスです。利用できるスペースが大きく、長期間利用しても手狭になることは殆どないでしょう。高品質タイプを提供している不動産屋は外資系であることが多く、利用者も外国人が目立ちます。電話応対や接客サービスも行き届いていますが、当然のことながら利用料金は若干高めです。オプション価格も高額であるケースが多いため、契約の際は料金内訳についての精査が欠かせません。

福岡の賃貸事務所では、駅近物件や格安物件、豪華物件など、様々なタイプの物件が存在するため、多くのこだわりを持って選べます。