環境と家計に優しいシステム!住宅用太陽光発電の仕組みと魅力及び費用を知ろう

住宅向け太陽光発電の仕組みを知ろう

住宅用太陽光発電は、太陽光から電気を生み出す太陽光パネルと、生み出された電気を家庭でも使える性質に変換する調整装置、買電及び売電メーターの3つで構成されています。太陽光パネルは、主に屋根の南側に設置されていることが特徴。産業用に比べると、それほど多くのパネルは設置できませんが、それでも晴天時には余った電気を電力会社に販売出来るほどの生産量を誇るんですよ。メーターは、電力会社と電気の売買を行う際に必要となります。住宅用は産業用と異なり、余ったぶんの電気のみ買取って貰えます。

太陽光発電の魅力とは

太陽光発電の魅力は、なんといっても環境問題に貢献している手応えを得られることです。従来の化石燃料に頼った発電と比べて、その仕組みは非常にクリーンです。もうひとつの魅力は、災害時においても電力を確保出来ることです。システムさえ正常であれば、電力会社からの送電が止まってしまっても安心できます。固定価格買取り制度によって、大手電力会社への売電が補償されていることも大きな魅力と言えるでしょう。買取り価格と期間も決まっているため、ほぼ確実に投資資金を回収できます。

費用の内訳や注意点を知ろう

住宅用太陽光発電システムの設置費用は、およそ200万~300万円程度です。その内訳は工事費と太陽光パネル及び関連装置費用、定期チェック料金で構成されています。いずれにしても安くない負担となりますから、導入の際は推定年間利回りを弾き出し、導入に見合うメリットがあるかどうか調べることが大切です。日照時間が少ない地域や、大きな建物が南側にある立地だと費用対効果が著しく落ちてしまいます。また、契約に至る前に必ず専門家に屋根を診て貰いましょう。太陽光システムはオーダーメイド的な側面が強く、屋根の形状などによって適切な施工方法などが違ってくるためです。

買取ってもらう場合、太陽光発電の価格は年々下がっています。土地も借りるか買うかしてから太陽光発電をしようとしたら、元本を回収できるまで、何年もかかります。